fc2ブログ

準インストラクター課題


パステルの準インストラクター課題 試行錯誤して
描きまくり…でした。

それ以外にも描いてみたかった私の中の子供や
気持ち?見えてる何か…
一日一枚どころか描くときには5枚6枚とバンバン…

描きたいって描かなくちゃ両方

今はそれが必要なんでしょう。

ペンを握って描かないから指から想いが流れるみたい

今はそれが私の中のものを解放するのだろうな


少しづつUPしていきます。

これは課題の『創生』

地球にもみえるね
意図した訳じゃないけど…
スポンサーサイト



まだまだ・・

2013.08.27 08:05|スケッチブックな日記帳
まだまだ 色々人も自分も怖いなあ・・と実感中です。
自信のなさ・・というよりも 人が怖い・・が それを呼び覚ましているのかなと
思っています。

他人から視ると私自身は 人見知りしないで どんどんと言うタイプに見えるのでしょうが
見える人たちには きっと 私のしていること感じてるものも お見通しになってしまうかもしれません

不自然な私の姿に違和感を覚える人も当然いると思いますから・・

体調もちょっと 不調かなあ・・

ここは かごめにもらったスペースだから
何があっても私が私でいられる場所にしたくて 自分を飾らずに書きたくて
ちょっと 本音を 書いちゃいました。

また 後で パステル画を上げてみようかなと思います。
まだまだ自分自身にも 癒しが必要かな・・

というか 完成されたミディアムもいなければ コミュニケーターもいない
他人よりずっと 敏感で 傷を受けやすい人たちも多いのだという
話も聞いています。

私自身は加えて まだまだ 自分らしくない まだまだ 恐れが手放せてない
これじゃ・・ いけない・・と じたばたしております。

あまりに恐れるのもあるから きっと 私の心臓も反応しちゃうのでしょうね。
身体は正直で 恐れを 蓄える私は 心臓 腎臓 ともに 今回ちょっと弱っております。
ニトロ・・また 貰う羽目になるので・・ ちょっと 気が引けています。

私がダメだから・・と すぐ繋げてしまう自分が いることも事実で なかなか 
自分を元気にするのは 難しいときも まだまだあるなあ・・


でも だからこそ 出来ることもあると思います


弱さを理解して ネガティブを重々にしっていて それを乗り越えていく
というか 受け止め 本来の形に戻すことに前向きであることを 求められている気がします。

それが出来たら同じ苦しさを抱えた人に寄り添い力を一緒に見つける手伝いができないかな

私自身勿論まだまだ 努力が必要ですね。全然 及びもついてない
依頼心だけは強い気がしているし・・ なんとか 自分が強くならなくちゃね

自分に対しての慰めに聞こえてしまうかもしれないけれど
どちらにせよ アニマルコミュニケーターであれ ミディアムであれ
チャネラーであれ 日々を味わいつくして生きることを 求められている気がします
苦しみにおちつけ というのではなく 弱さも強さも 悲しみも喜びも 
苦しさも楽しさも全て 味わいつくすことに意味があると思います。

弱さを理解したくない 見たくないという人もいるかもしれませんが・・
そう言う人のほうが 本当は 弱いのかな・・ と 思うことも最近あります。
弱さを理解できないというひと したくないという人は 多分 こういうお仕事を
本当の意味で 理解するのは 適切な時期でないかもしれないですね

(あくまでも そのときです 人は 必ず自分の弱さや他人の弱さにぶつかることがあると思うし
・・適性は誰にもあるのだと私は思っています )
自信・・は 出来たことばかりを 評価するのでなく その心だけを 蓄積するのでなく
自分の一番嫌いなことを 認め そこに方向性を何かしら 見出したところに
一番強く根付く そんな風にも 思えますし 思いたいな。
私は 弱いかもしれないけれど 強い・・と思いたい

ネガティブな方向を否定すると言うのではなく あるままに受け取り
それを 光に変えてやる方向性に向くことが大事なんだと思います。
すべては 影だけ 光だけで できていないから・・
きっと できるはずなんです。 

そこから自己信頼にも繋がりますよね。

そして・・ならば・・もっと 他にも味わうべきものが沢山あるはずだから
頑張っていかければいけないなとおもいます。

私の苦手な秋が到来しつつあります。
でも 毎年毎年 すこしづつ 苦手を薄皮はぐように していけたらいいなあと
思っています

ただ 身体の方はこの気温差にただ今 かなり 戸惑っているような感じで・・
少し 動きが鈍りそう・・ 
でも 籠ることだけは 絶対にしないようにいたいと思っています。

130820_223934.jpg

これは ちょっと前 ブラシュアップ講座で 教えてもらった ものを書いたものですが・・
もちろん原案をアレンジしているということです。

私は鳥が 木の枝に止まろうと 降りてくる姿をイメージしました。
他の方は 木に止まって あちこち見ていたり あるいは おすましている鳥ちゃんもいました

下の枝の方が どっしりしてるのかな・・ ちょっと私の鳥さんは 表情も考えているように見えますね。
安定を求めている・と言う感じなのかなあ・・

この鳥ちゃん自身どっしりしているから・・ それに見合った 枝を選んでいるんでしょうね
足が小さいなあ・・もっと どっしりした足ほしいなあ・・

光は何も 上ばかりにあるわけじゃないよ・・と言っているようにも見えますね。
色んなところに光がある  あっていい・・ かな・・・

さて・・ 今日も頑張ろう 相棒 また 体調不良です 以前よりは 良いようですが
なかなか 難しいですね~

パステルとInner Journey ~始まり~



DVC00142.jpg
悶々としながら もやもやとしながら 心の影を追い・・
涙の絵にたどり着き・・

そして やっと 描いたこの絵・・・

私の心の中には 何かが浮かんでいたわけじゃなくて・・ とにかく
心の向くまま 今の心にある 色を 画用紙においていき・・ 
見えるものを 削りだしていったのですが・・

無性に 羽が 描きたくなり・・・
そして 絵の中に 埋もれて 出してくれと 聞こえる声を 頼りに
まるで 発掘するみたいに 絵を 取り出していきました。


してみたかったこと・・ 描いてみたかったけれど できなくて 何度も
やりかけて いえ ためして がっかりしながら 消した 絵・・
完成させたものです。

ただ 心のままに 色を乗せ ただ 心に見え 画用紙にみえる絵を追いかけ
見えるものを描いた絵ですが 

それをシェアするとき 絵の色のパートが4つ・・
羽も四つ これは きっと うちのわんこたちだろうと・・ Uさん
そして 光のトンネルの入り口は私・・
そして 光の輪は・・相棒・・・

偶然ではあるけれど 4つの光・・・
4つのパート 4つの羽・・・

わんずに癒されて 生きてきた私の姿が あるのかな・・とおもいました
光のトンネルから 吹き上げられてきた 羽・・
ワンズは 光の国からきた ウルトラマンかもね・・と 私・・笑いましたが・・
 でも そうですね そうかも・・
 
彼らは・・ 光の国の 天使なのかもしれませんね 
だから羽は 彼らに見えるのです。
羽の一つ一つに うちのちびの個性が確かに見えています。

光のトンネルの向こうは・・ 何があるのでしょうか・・

光の向こうは・・ 海だろうか・・空だろうか・・

色合いも 色の移り変わるさまも・・ ごく自然に 自分が望んでいたものでした
私は きっと 混じりきらない 自分を どこか 好きなんだなと
思いました・・

それが いいとか わるいとかではなく それが 私・・・

私の色は きっちりと 色が混ざって 完結したものより
交じり合う過程の色が 多いです


そして・・

メッセージアート・・・この絵は 相棒に向けての 感謝のメッセージを発する絵になるはずでした・・
でも・・私の心の中にある イメージを 描き写していくうちに・・・
違っていることに気が付きました。

そして この絵の青写真は 私の心の中に 実は・・ パステルを始めたとき ううん
もっと前から 存在していることを 思い出していました。

追いかけて 追いかけて・・形に した 作品です。

描いてみた 手のひらは お世辞にも 手のひららしくないし シャボン玉も
綺麗に描けてはないでしょう シャボンの中の 海も そんな風には見えませんかも
しれません・・ 
でも・・・
初めて 本当に初めて 自分で 自分を 形にしたものです。
ちょっと私にとっては特別な絵になりました。

そして・・ ここまで 励まし 手を取ってくださった Uさんには 心から 感謝です。

もう平気だ もう 大丈夫 と 思ってきた私ですが気付きをもらうことになりました。 


DVC00141.jpg

透ける手 そして シャボン玉・・そのシャボンの中には 海・・

この絵をシェアしたとき・・

描きながら 何を感じたかを尋ねられました
あるいは このシャボン玉は・・なんだろうと言う話になりました

私には懐かしさ・・と言う言葉 想いがありました。
何故なのか これが 何なのか わからず・・
でも・・ 心のふるさと・・ そんな言葉が 話しているうちに出ました。

私の心の故郷・・・ 私一人のためだけの海・・ 私だけの空間 私の 息が告げる場所・・
私が私としていられる空間・・ 私だけの・・私自身・・

でも一人寂しくない?とか考えてみたり
海より山が好きだしと考えてみたり…


海に行ってみたら わかるよ わかるかもしれないよ・・ と Uさん
描かれているのが 海だから・・ 海に行けば・・

そういえば・・ 家の近くは 海なのです・・
でも 一人で行ったことがなくて 
いかなくちゃ・・ いこうと 思いながら 言ってなかったことを思い出していて・・
そんな話をしながら この絵を 見ていて ふとついて 出た言葉・・

それは・・・

もう 出尽くしていたはずの 私の口から 今までは 出してはいけない
どこかで 出せば 叩かれると 思って口に出来なかった言葉・・かもしれない言葉・・

ブログに初めて 記してみようと思います。

どうか・・ 私に向かって 過去に向かって生きている 言わないでください
後ろ向きだと 言わないでください

色んなことを 誰かに言われるより 一番知っています。
何より もう ・・本当に長い長い間 周囲に言い尽くされてきた言葉 
そして自分から自分に言い尽くしてきた言葉

それでも私は 実はこの言葉に関して口にするのは 初めてなのですから・・

そして これは 誰を責めているわけでもなく 単に私の心の側からの単なる事実に過ぎず・・
それを淡々と あらわしただけ・・
周りには周りの事実があるはずなのです

それは 私と違っていることでしょう・・
そして・・私がこんな事を いう事に 胸のすく思いを 
しているわけでもないことを・・ご理解ください

誹謗中傷 批評 忠告と称して今まで 色んな言葉を頂いてきましたが・・
勿論それに対しても 感謝しておりますが・・
きっと それらの言葉は 私本人の中には 何時も存在し
私自身をさいなむように・・ 自分自身が 繰り返し 突き刺してきたものだからです


私が絵から取り上げたストーリー・・でも空想ではなく…は、

シャボン玉は・・ 私自身・・ シャボン玉じゃなかった最初は・・
でも 何度も 何度も 壊された・・ 
支えた 手のひらも 何度も 打たれて 壊れた・・
実体を失いかけているのは やっと それでも 実態を取り戻しかけていること

シャボン玉も やっと 取り戻しかけた 薄い膜の 私自身だから・・

そんな言葉が 絵を感じながら 見ながら 出てきたのでした。

文字は 深いし 広がりある・・ そこに私自身 表現を重ねてきて
上手くいったと思えなかったことも沢山あったし 
誤解を生んだことも・・そして 

だけど・・・ 絵は・・ もっと 言葉なくて 深いのかもしれないと
思い始めています。

きっと かけない絵・・ そう思っていたものが 現実になったとき・・
励まされ 諦めずに 手にした 拙いけれど 私の絵・・

何度も絵を書いてきた私ですが・・ 初めて 自分の絵を 自分で
獲得して・・ 

文字より 広がりのある 深みのある言葉だと 思えました。
そこには自由に受け取る感性と そのどれもが 間違いではなく・・

言葉から生まれない沢山のイメージと 思いと・・ 言葉から 掬い上げることの出来なかった
沢山の想いが・・ありました

私には絵の才能はありません。 不器用で そして 絵を描く事自体に 苦痛を
正直感じていた 時代が長く・・ かける絵ばかり選び
自分で 絵を描こうとはしなかった 書けると思わなかったけれど・・

かけないなりに自分の絵を 手にして・・

意外な自分の面にぶつかったと思っています。


そして・・・・・

これが 始まり・・ 今までどおり 言葉にしながらそしてパステルをしながら
だけれど・・ 私の Inner Journeyを 続けていこうと思います。

絵は私を 自分が理解するに 連れて行ってくれ始めたのだとおもいます

reach out・・・ 理解すると言う言葉があります。 reach 着く・・

理解することは たどり着くことなのかもしれません・・
仮に・・自分自身であっても・・

もしよかったら・・私が 自分自身に 皆さんに たどり着く inner journeyに
お付き合い頂けますか?

これから 始まる 私の 心の旅路・・です。

 

サポートしてくださった Uさん・・ 心から お礼が言いたいです。
その仕事がどんなに大変かは よくわかっているつもりです
そして勿論喜びもあるでしょうが・・ 本当に 大変だと思います。
笑顔で・・ 暖かく 迎え 忍耐と 安心感を 与えてくださったこと 心から感謝しております。

そして また ファミリーに迎えていただけたこと 心から感謝しています。
(勝手に思ってしまっています すみません 笑)
私に 絵を取り返してくださったこと・・ 本当の心の絵を 教えていただけたこと この気持ちを
持ち続けていきます。

決めたら・・変わる・・ その言葉が 最近の私には ずっと キーワードでもあり・・
コレからが始まり・・  本当に・・・ そうですね・・

また 自分の絵 自分の心と むきあいながら  沢山 生み出していきます。・

DVC00139.jpg

かけた絵はどれも いい思い出と共に 宝物です。





パステルと Inner Journey ~Flowing~

人にはそれぞれ 出会うものがある・・って思いました。
出会いは 合う・・ 逢うは合う・・ 

自分を表したくて 文字を使い 言葉を使い 頑張ってきました。
それなりに あらわせたかもしれないと 思うことも たまに合ったけれど

なかなか難しくて 言葉は誤解をうみやすくて
でも 表現する言葉をとても 気遣いながら 選ぶことは たやすいことではなくて
でも 勿論 これからも 私は 詩作も したいし 文章も書くし・・
これまでどおりだけれど・・

絵・・いいな・・と 思い始めています。 私はパステルに出会いました。
何枚かは テクニックを習う為に図案がありますが・
その図案も素敵です。 もちろん 色は オリジナル 
そして 図案と言っても かなり そのままでもすばらしい 
何だか 愛があるんですよね
それを技法を学ぶ為に使わせていただく事自体が・・愛ですね
(図案と言うけれど本当の創始者の方の作品だし)


言葉よりさらに 広がりも 奥行きもあるんです。
誤解は・・ もしかしたら 言葉より 少ないのかもしれない・・

パステルをする事 自分と向き合いながら アートセラピー・・・だったと
思います。
クリアチャネルも チャネリングも 数々の リーディングも 私の心を
すこしづつ おひさまで 照らしてくれてます

そして・・もう そろそろ 大丈夫 って 思っていた私・・
でもまだ ちょっと 早かったのかもしれません
でも それでいい・・

おかげで 意外な自分に出会えたから・・
出来ないと信じていた 無理と思えた絵を かけたから・・
私だけの 世界・・

初めて 自分のイメージが それなりの形を 取ったのでした。

心と向かいながら 今日は 心を描く 課題を もらいました


その前に 手慣らし・・ということで 教えていただいた
希望の丘という絵・・  
こんな絵 技法を生み出す方・・ すごいなあ・・・
DVC00143.jpg
細かな 色だとか レイアウトだとかは 勿論私ですけれど・・ 教えていただきました。 
とはいっても 場所や形 色の違いです。
だから 私の絵ではありませんが・・
素敵でしょ? 誰でもかけますよ。

そして・・・ 手ならし を 終え・・

最終日の課題に・・
悲しみ・怒り・ 苦しみを 書き出しました 

アートセラピーは イギリスにいたとき やっていたので 
でも・・ 途中で先生が 病気だったかで 尻切れ状態・・

プラス・・色んなセラピーでも私はなんとなく 心にどこかしこりが
できちゃうみたいで ちょっと心配
でも 期待しながら・・

考えるのではなく 感じて描く パステルなら・・と
描き出したというか 生んだのが・・こちら
DVC00145.jpg
せめぎあう 炎と氷 どちらも 譲らない 勢いで 私の心の中にあるんだな・・
炎は氷を溶かさない 凍りも炎を弱められない その中間にはきっと もうもうと
立ち込める 何かが 存在しているし 
炎の裏にも 氷の中にも 剣や 鎌が存在していて そこでは 赤や 蒼の血を流してる・・

それは 悲しみ 孤独・・ そんなものかもしれません 
そんなことを 話しながら・


あ・・また・・私・・わかんないのかいちゃって・・ 前のアートセラピーと変わってない?
と 思いながらも・・ どんどん描いていいよ 気の済むように したらいいよと
励まされて とにかく 自分の気持ちに のっかりながら ひたすら 
色を いれ 塗りつぶして塗りつぶして・・ 真っ黒な絵・・ その下には あれもこれもと
入れられた どす黒くなった 赤青 混ざり合った 混沌の色・・

一つづつの感情にスポットを当てて・・ そういわれて 描いていて
真っ赤なベールの中に 何か影が見える絵・・ そして・・ 
最後 真っ黒な中に 涙が ふたつ・・ どうしても 何だか 真っ黒に塗りたくなってしまって
始めの 蒼や いろんな色を 真っ黒に塗りつぶして・・ 涙を描きたかった
沢山は 書きたくなくて・・ ふたつ・・ 涙の池も考えたけれど やっぱり違っていて・・
真っ黒な中に ふたつ

孤独・・ 悲しみ・・ 色んな感情はあるけれど・・ そんな風にも見えていて
やっぱり まだ 浄化できてない 怒りや 苦しさや・・ もろもろあるけれど・・
130815_222700.jpg


見えてきたんじゃないかな・・と サポートしてくださる・・インストラクターの方・・

そして しばらく 感情シェア・・ 
しばらく そんな話はしないようにしていたこと 触れるのが いや?
人からも自分からも、とめてしまっていた 話さないようにしていた部分 
話すのに気の引ける その部分に触れながら 
話していきました。 同じ話をするのに どうして 今日はこんなに
話した気になるんだろう・・と こんな話なのに・・ 暖かかったです。

サポートしてくださった方・・ 私のインストラクターの方は Uさん

もう大丈夫って 思っていたけれど・・私、まだ 平気じゃなかったんだな・・
でも どうしよう どうしたらいいのかな・・
そう思いながら まだいま少し 癒しが必要よ・・とミディアムに言われたことを 
本当にそうだな・・と 思い出しながら・・

でも・・ これは 私への 癒し
そう しっかり認識しながら・・ 

次に・・ 希望 愛 祈り 幸せ どれかを 描くこと・・
以外に ネガティブな感情は 描きやすく こうした 感情を絵にするのは
難しいかも・・とのことば・・

あ~ 確かに・・と 思いながら 直感で 希望か 祈り・・
でも 祈りだ・・と 思いながら

思いつく 今日の気分の 色を 画用紙に とにかくおきながら・・ 羽・・ 羽毛を
描きたくなって・・ 
アドバイスを もらって 挑戦しました

なんとか 羽毛が描けてきた・・ でも 何か ある・・まだ 何か 描かなきゃ・
画用紙の中の色たちが ざわついて 思いを凝らすと 
光の トンネルの入り口が 見えました
そこから 光が 漏れているのを 絵の空間から感じていました

光の輪が 描きたくて 写真にうつるような 光の 鎖が 見たくて・・
やっては 失敗し 上手く描けたと思うと 今度は 羽が 薄らいで 
消えかけ・・ 四苦八苦しながら やっと なんとか・・
DVC00142.jpg


そして 最後に メッセージアート

共感 励まし メッセージ 
私は 相棒に 周りに 感謝を伝えたくて メッセージを伝えたくて・・
で すでに 私の心の中には 図が浮かんでいました。

それは シャボン玉を大事に受け取る手のひら・・ そのシャボンの中に 緑の風景・・

こんな難しいものを かけるはずはないのだと どこか思いながら
それでも 挑戦するしかない思い そして 挑戦しましょう 大丈夫と
励ましてくださる Uさん

苦手な手のひらを 透かすことも 描きながら そうしたいと 見えてきたので
透明にすける手を・・ シャボン玉の中には 草原 森・・ 入れたかったはずなのに
シャボン玉を描いて その中に見えるのは 何故か 海・・ 海・・

でも 見えているんだから 描きたくて 必死に 食いついていました。
どんな風にしたら シャボンに見えるんだろう・・ アドバイスを貰いながら
そして 自分の手で 四苦八苦しながら とにかく 描いたと思います。

それがこれ
DVC00141.jpg

私にしては 本当によく頑張ったと思います。
諦めず・・ そして 自分のイメージを追いかけて 形にしました。
サポートをしっかりしていただいて・・ でも 自力で とにかく 描きました。

とにかく イメージを 追いかけました。

1日で 出し切ったなあ・・


to be continued ・・

ありのまま…の世界と パステル

漢方のほうも表を 目に付くところに貼り付けて しっかり 頭に入るようにしつつ・・

あれも これもと 頭を使うに忙しいから パステルで 頭をからっぽに・・
でも やっぱり 上達したい・・と言う気持ちがあるから・・なんですけれど・・
1日1枚 必ず 描こうと決めています。

知識を頭に入れるという勉強ではないので 技法を 教わったり
色んな何かを新しく ものにした場合 忘れないうちに 手を使い 
頭を使わないと 私自体 頭に入らないから・・

鉄は熱いうちに打て!! なのかもしれません。

今日は 香りと そして 音楽を 絵にしました。

香りは 〇〇グ〇〇〇〇の ホワイトアンジェリカの香りと 
私の大好きなすずらんの香りが ふんわりミックス・・
驚くほど この二つの香りの相性はよくて  不思議な優しい香りの中
その香りを 絵にしました。

音楽は 私のハープの先生の 奏でるケルト音楽を鳴らし その 音を
絵にしていきました。
何も 課題も 使う何もなく ただ 単に描く それだけで 
やっていきました。

私は まずは 香りに会う 色・・ 音に合う色・・
あるいは 思いついた 色を手に取り とにかく 紙の上においていく
そして そのあと 考えていく・・と言う形で 何が出来るか 

シナリオも構図もなし・・ 単純に色だけを のせていくだけ・・
まだまだ 拙いパステルですが・・ それでも 驚いたのは
そんな風に 自分の好きな色を乗せ 単純に そこから ただ 手の動くまま
気の向くままに 何かをしていったとき・・
抽象的ではあるのですけれど 独特の 絵が 出来上がりました。


二つの絵はどちらもかなり抽象的な 夢の世界の絵になりました。

そして・・・
一つは ちょっと おどろいたのですが・・
今まで 描いてみたかった 世界観 描こうとしても描けなかったのに
意識なく ただ 色を乗せただけで それが ふわりと 勝手に出来たこと・・


DVC00138.jpg
↑ 白い建物の山・・描いているうちに 見えてきていました。
白い満月と 三日月の 世界・・ 雲の上にある世界なのかなあ・・
それでも 海があり 世界があるのです。  

ハープも 何のこだわりもなく 弾くと 驚くほど 弾けるのですが
あ! ひけた・・とか ちょっとでも何か 考えると ぱたっと そこで
音が止まってしまったり 間違えたり・・

それと同じことがパステルにも起こっているんだな・・と 思いました。
当たり前・・こじつけ・・ 色々とり方はあるんですが・・

すごいなあ・・不思議だな・・と取ると幸せで 何だか とっても
膨らむ気がしますね。

この日常って とり方一つで イラストのように 夢色にあふれ
自分の好きな色に 塗り上げていける 作り上げていけるのかもしれません

あの 絵を描いた後 何だか その絵が 私の心の中に
どっしりと 落ち着いて あれが 私の 心の中なのかもしれないと
思いました

あの絵を描いたとき 先生にも 絵の中の海をわたった 白い街 お城に
行きたいんだ? でもちゃんと 道があるよ

この絵飾っておくといいね 早く 夢が叶うよ といわれ
そのせいもあってか 何だか 絵の ふわふわとした 感触が
心のどこかに あり ふわふわ・・というか 夢のような 感覚が
ずっと 残っています。

絵を描き終わったとき ハープを弾き終わったとき 現実に戻らなくちゃ
と 言う人が多いと言いますが・・
ハープの先生も パステルの インストラクターの方も 
違っています。

現実は ハープを  パステルをしているとき・・
それをしているときの 貴方が(私が) 本当の自分なのだって・・
それって 素敵です

あの絵を 描いている自分が 現実の 本当の自分なら・・
ハープを弾いているときの自分が 現実の本当の自分なら・・


素敵だなあ・・ 
DVC00137.jpg

↑ 小さな桃色のウサギが 月を見上げています。 
でも 冷たいはずの雪はふわふわと 心地よく そして 自分に溶け合ってくれています・・
 これは 原案は私ではありません
DVC00135.jpg
↑雲間から沢山の光たちが 励ましてくれている。 凍えて消えそうだったハートは
その形をとりもどし 色を取り戻し 透けていた その姿に温かみが戻っていく・・
もう少し・・ もう少し・・ 光のエレベーターは もう届いてるね


技術はまだまだですけれどね・・
これするのって 自分と向き合います
いい対話になるかなあ・・ なんて・・
思っています。


22日に お寺でする子供のパステルアートのワークショップに
アシストとして 出かけることになるかもしれません

何だか 楽しみです。

追記に続く・・

続きを読む >>

| 2013.08 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事

最新コメント

プロフィール

菫玲(チニタ)

Author:菫玲(チニタ)
アニマルコミュニケーターを目指しています。

写真は私を応援しいつもコミュニケーションを手伝ってくれる私の愛しい子の写真です
彼女は2月23日早朝になくなりましたが 亡くなっってからずっとわたしの そばにいることを感じ
また アニマルコミュニケーターになることを応援してくれています。
練習中にも私を助けるため現れてくれる やさしい子です。
また彼女がこうして ブログを立ち上げ頑張るように薦めてくれました。
他の人が聞くと うそかと思うでしょうが・・・
私は彼女の声を聞いたと思っています。
そして もう一頭 いえ わたしにとってはもう一人・・
亡くなって後に私のために友人に口を添えてくれた優しい子がいます。彼女もまた私の大事な愛しい娘。

彼女達ののためにも私は 努力し頑張って一人前のアニマルコミュニケーターになります。

私のホームページはこちら
虹色の羅針盤

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Real Buttefly Twinkling

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

季節時計

QRコード

QRコード

今日の誕生花

今日の誕生花
誕生花ブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ページトップへ