fc2ブログ

ありがとう・・ 

へとへとに疲れていて 体調も久々の発作で ばてばて・・

でもいかなくちゃならない 買い物・・

そのとき ホームセンターの一角で見つけた デンファレの花

あ・・・と 思いながら 話しかけてみた。

ごめんね ほんの少しだけ 力を貸してくれる?

花たちは 答えてくれた 

あげるあげる 

ありがとう 答えたら 

元気 元気って 答えてくれた。 笑った気がした。 建物中なのに お日様のにおいがした。

誰が見てくれなくても 何かもらえなくても 力強くまっすぐ生きている

そして 笑いかけてくれた 花たちが 愛おしくて。

私も お返しの ヒーリングを 送ろうって 考えながら 家路を再開した。

こうやって すこしづつ 光の輪って 広がっていくね。

優しい光の輪を広げていくことは けして むつかしいことじゃなくて

本当は たやすいことなのかもしれないね。
flo-310.jpg

himab-n14.gif より作品をお借りしています ありがとうございます
スポンサーサイト



自己評価を低くされた子・・・

お話したワンちゃん・・・ ビアンカちゃん。3歳

お話して思ったこと・・ 考えさせられました。
ブリーダーの元彼女は一歩もクレートから出してもらえない生活が続き
子供を生んでは次々奪われ。。他の子達と容姿の比較され・・
足も弱り・・ 

里親さんを見つけてくれる方にに引き取られて今現在・・
img_1823183_66213956_5.jpg
彼女は とにかく 一番にならないと 愛されない 
この思いに一杯に・・
ママからの愛よ・・と 話しても他の子達のように 
力をぬけない。体中力んでいる。
心からの嬉しさに 身体を あずけられない・・
どんなにさびしかったんだろうって思う。

「愛されるためには 一番になって勝たないとダメなの・・」 
そう言う彼女・・

勿論他のワンちゃんたちとの 遊び方も知らない。
勝ち抜くライバルに見え・・ その次には・・ 孤独感に襲われる

「皆どうして あんなふうに楽しそうにできるのかな・・  」

こんな風にして遊ぶんだな・・と学んでも 
悲しいかな それを体現するにも 力が入りすぎて 
せっかく遊ぼうとした子達に 力加減ができず 
じゃれるにも 悲鳴を上げさせてしまう。
今はすこし どんな風に遊んでいるかだけ 
色々見てみようかと話しても 

「だって・・楽しそうだ 私も 入りたいもん」

そうだよね 普通に 楽しそうなら 
一杯楽しいって 遊ぶよね。
でも。。手加減をできない彼女・・
あまがみのつもりでも痛いし彼女と遊ぶに遊べない。

そしてまた 勝ち抜かなければならないと思う・・
「一番にならないと愛されないの。。。」
「勝たないと愛されないの」 
「私は可愛くないから 一番にならないと 力なら一番になれるかな」
「私は可愛くないから・・一番じゃないから・・愛されなかった」 
「勝って愛されるの」

でも それは次の悪循環を生む。
他の子達は彼女に距離を置く・・
そして 彼女は更に勝とうとする・・
彼女に勝たないと愛されないと教えたのは誰?
命は生まれただけで愛されていると 教えなかったのは誰?

こんなことに誰がした?

彼女の自然な 気性のよさ・・ かわいらしさ・・・
その本来の姿を今は曇らせている

こんなことに誰がした?

ビアンカちゃん・・ 
あなたを一番愛してくれる里親さんに早く出会えますように・・・
ビアンカちゃんの 美しさ 愛らしさ 優しさ 賢さの全てが
他の子同様 自然に にじみ出る 
そんな風に 早くなることを・・私も今貴女を可愛がってくれてる
預かり親さんも心から願っている。。


3年間はあなたにとって 人間で言うなら 30年近い年月
でも・・ まだ あなたは 早く地獄から 出ることができた。

残りの一生を 誰よりも 愛されていると感じて
ゆったり過ごしてほしい
愛されない 愛される為に 勝ち抜くのじゃなく
愛される為に 生まれたことを 感じて欲しい

ビアンカちゃん・・ 今の預かり親さんもそれだけを願っている。
預かり親さんもね 貴女の 可憐さ、性格のよさを 
すでに見抜いてる。 
今もとっても愛されているよ

貴女は 賢く 繊細で 人よりも 
感受性の強い子だった優しい 優しい子なんだよね。

誰よりも 誰よりも 幸せになることを 
願っている預かり親さんのためにも 
そして何よりも自分のために
どうか 貴女は 愛される存在だって 
はやく 感じられるといいね

長い長い 冬は終わったよ。
その終わりを あとは 自分で 感じて 
自分で 不幸の終わりを宣言しようね
貴女の やさしく輝く 未来のために・・
沢山の人が祈っていること・・忘れないでね
img_1823183_66194439_1.jpg


人間の身勝手さで この子の本来の心に傷をつけた・・
人は 生きる命を傷つける。人は命を頂いて 食し生きている。
だけどその心まで 傷つける権利なんて 無いのに・・
人は命だけじゃなく 全ての 魂を傷つけるだけの大きな力を
もっていることを 忘れないで欲しい

だけど今・・
人を含め沢山の命が 泣いている理由に 私達が いる・・
私達人間が・・いる・・

遊ぶと痛いから・・怖い そういってた子も
上から乗られたら怖いの・・そういっていた子も・・
だってあの子ひどいもといっていた子も
ビアンカちゃんを 受け入れようと頑張っている

そのこたちのほうが 私達よりずっと愛を知っている。
彼女達も辛い経験をし 生まれつき盲目だったり・・

だけれど 彼女達はそれでもビアンカちゃんのことを話すと 
自分の痛みよりも ママのしようとしていることを想い
そして痛みを背負った仲間を
悩みながら 受け入れようと考えながら・・

その一つ一つ・・私達にできないはずが無いと思う

その力を 笑いかけることや 優しい行動に使って欲しい・
世界を変えるだけの力も心も持っている。
本当に心からみんなの幸せを誰もが願えばこの世に 天国だって作れるだけの力
魂の傷を癒し光にしてしまうだけの素晴らしい力
それが本来使うべき力・・

だからこそ ビアンカちゃんは 救われて今 光の中にいられる。
沢山の人の愛の力に護られながら・・























多頭は辛いよ 笑 つくしとお話・・・



麻由瑠はいたずら娘だけど



我が家のつくし最近 ご機嫌斜め・・
そのわけは・・ 下から2番目のおちび(麻由瑠)が私にべったりになってきて
はい。。やきもちです。

傍にいればガウガウ 何も無くても 八つ当たり・・
これは いけません

したのおちびの 麻由瑠も(まゆら)も なんで ガウガウ
されるのよ・・とばかりに 虫の居所の悪いときは
やられる前に やれ・・てなもので・・ ガウガウ・・

様子を見て 本人達に任せていましたが これは いけません・・
ということで お話をしてみることに・・

私:つくし 最近 どうしたの? まゆちゃんに 怒ってるね

つくし: だって まゆら 最近つくのいるところに侵入してくるから・・
いやなんだもん・・ つくしの場所がなくなるじゃない それに
ママやパパが 麻由瑠にとられるじゃない・・だから 

私: 寂しかったんだねぇつくし。よしよし大丈夫だよ。
つくしは 特別なんだよ~ パパと出会うずっと前から つくしと一緒で
だれよりも ママのこと 知ってくれてるでしょ? かごめとおなじで
んで 今は かごめは ここにいないから つくしが 一番だよ。
つくしとかごめは 絶対 特別なの。
だから お外に行くときも つくしだけ 連れて行っているよね
あれはつくしが特別だからだよ~


つくし だってね つくしの大好きな抱っこのときに使う奴にもまゆがはいるし
寝るときだって最近 まゆらが ママのところに来るようになったじゃない?
つくしは いやなんだよ。つくし まゆらに ママとられちゃったのかな?っておもう

私 麻由瑠にとられたって・・ 考えちゃうのね。そっかぁそれは不安だし辛かったね。
でもつくしが一番なの。
大丈夫 だから 他の子が 遊べないときでもつくしは 一人だけ
お外に出してもらえて 遊んでいるよ。 他の子がつくしに ガウガウしたら
文句なしに ママもパパも怒っているじゃない?


つくし  そうなのかな・・
私 ママ 心配だな ガウガウしたらね 病気になっちゃうよ 
つくし 病気ってなあに? 心配ってなあに?

私 つくしが身体が悪くなることを病気って言うの 心配はママないちゃうことだよ
つくし 身体が悪くなるって?なに? 何でママ泣くの?


私  う~んとね 病気はご飯がおいしくなくなったりすることだよ いやじゃない?

つくし ご飯 おいしいし ならないよ
私 ガウガウしてるときに どきどきしない? 

つくし するよ 

私 あれはね 何回も毎日続くと もう つくしが 走りたい 走りたいって 
思っても どきどき して はしれなくなりますよって 印なの。


つくし え? つくし 走れなくなるの? 遊べなくなるの?
私 ガウガウするの今のうちに辞めたら 走れなくならないよ
つくし だって 頭に来るんだもん
私 そうだね~ でも できるだけ 知らんぷりできるようになると違うかな
つくし う~ん

私 ママを信じて つくしは 特別な子だよ ママたちが 他の子 大事大事って
いっても つくしだけは もっと大事なんだから 

つくし 本当?

私 そうだよ。 だって つくしは ママのこと 一番よく知ってる 
パパのことも まゆたちが 来る前から知ってる 
つくしが一番 頼りなんだから

つくし 本当?

私 そうだよ だから がうがうしないで 鳴かないでいられる?


つくし う~~ん 頑張ってみる

私  つくしが 病気になったら (走れなくなったら) ママ泣いちゃうよ
つくし  ・・・・・

私  鳴かないことできるかな?


つくし  やってみるよ




と こんな風に会話は進みました
その日 つくしは いつもにまして ママに べったり甘え 
麻由瑠が邪魔しても ママに甘えても つくしを押しのけても
ガウガウは一度もなく鳴きませんでした。

でも 今日は・・ ちょっと回数は 減ったけれど やっぱり 腹立つ~と
激しくガウガウしていたり・・

なかなか 難しいですね~
人も ワンコも 癖 を 変えるのは・・・

でも こそっと 1頭ずつ 時々 他の子のいないところで あなたが 一番なのよ
と いってあげると ちょっとだけ ジェラシーは 減るのは 確かかも
しれませんね

 ・・加筆修正・・・波長があったら愛してる 


↑私の呼ばれたお花さん



今日は出先で何となく呼ばれた気がして花を撮りました。

花が呼び止めたかわからないけど
呼んでくれた?と尋ねたら花は 笑ったようでした。
気になって花と話してみたら


『貴女が気にかけてくれたから呼んでみたの私と貴女が一致したの』
と答えてくれました。


花は続けて『どうして悲しいの?』
と私に尋ねました。


あれ?私、悲しかったかなと不思議に思い
で暫く考えてみて、最近の人間関係の疲れが思い当たりました。
悲しいより疲れがひどいけど 疲れは悲しいということかもしれませんね


「悲しいから呼んでくれたの?」と花に尋ねたら


『だって波動が一致したのは 愛しあっているからだから…』と


お花に「悲しいの?」と私が尋ねたら

花が
『どうして私が悲しんでいるの?』と答えました。


「助けてくれるんだ?」
と話してみたら


『だって愛しあったから大丈夫』
お花はコロコロ笑ったようでした。


気がつくとお花と話すうち、ちょっと身体の痛みが
うすらいでいたのでした。


花はプランターの限られたスペース一杯に咲いていました。
花は私の痛みが愛しあったから癒される《花の力が流れ込む》
と教えてくれました。
花になら心は無条件いつもオープン

でも花は話さなかったけど花にも小さな悲しみが
あったかもしれませんね



花は笑ったようでした


雨続きに少しだけ残念ねと悲しかったかな
それとも手入れをされてる方への想いかもしれませんね。


花と話ながら帰りの電車の中、静かな時を過ごしていたのでした。

それでも花に癒され何故か花も元気になったのねと
妙に納得した時間が過ぎていたのでした。


お花さんまた話しましょう

ありがとう

続きを読む >>

水族館の孤独…

以前ちょっとした機会があり水族館に…。

最初はイワシが綺麗だあとか思っていたけれど
だんだん会話モードに…。

そしてちょっとへこんじゃいました。

お魚達は会話モードの私を見ると偶然か

必ずすっと寄ってきたりする子がいます。

そういう子は偶然かじっと私の前で止まったり、ちょっと泳いでは戻って止まりちょっと動いては戻ってきたり

あるいは動かずじっとしたままだった子が動いたり…


そんな中にクエがいました。水槽のなかに一匹でした。


こんにちはと話すと…初めて話しかけられたと
驚いたような返事

今どきアニマルコミュニケーターは珍しくないだろうと思って

私が初めてじゃないでしょうと伝えると初めてと言います。

居心地を聞くとつまらない決まりきった毎日の
生活と答えます。

ふるさとの話しをきいてもいいのか悩み…

だけど何を話したらいいのかと悩んで
話しているうち体調の話しになり クエはここをみてとアピール


それまでは動かなかった彼はすっと身体をずらして見せてくれました。

そこには皮膚炎のような傷ついた鱗

まだまだみて…と彼は水槽を一回りして身体の反対側を見せてくれました。

そして

寂しい


寂しいと

もう一度
呟いたクエに胸をつかれた気がしました。



横にも見える位置にも魚達はいるけれど


寂しい…と

人間も多小なり声をかけてるはずだけど

寂しい…当たり前だよね
寂しいよね

仲間なくふるさとでもなく


彼は水槽のガラスごし完璧に私を認識しずっと離れようとせず
私が動くと彼も動く…


それでもいつまでもそこにいるわけにはいかず

30分以上は、いたそこを離れるのは本当に辛かった


でも写真をとり 時々話せたら…とおもい





寂しいよね…確かに…






きっと大事にしてもらってると思うけれど
飼育員さんだって魚達、愛してるだろうけれど







切ないから水族館もいけなくなりそう…。



いけない…かな



クエには時々離れていてもお話しするから…と伝えました。
彼はじっと黙っていました。


約束を守り今日クエと話そうかな


でも連休…沢山のビジターに見られるの疲れて
そんな気にならないだろうか…


クエ…元気にいてほしい…。

でもペットでもなく展示され暮らす彼ら

愛されてないとは思わないけど…

何を願えばいいのかな

少しでも沢山の愛を幸せを感じてねと願うしかないね

| 2024.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事

最新コメント

プロフィール

菫玲(チニタ)

Author:菫玲(チニタ)
アニマルコミュニケーターを目指しています。

写真は私を応援しいつもコミュニケーションを手伝ってくれる私の愛しい子の写真です
彼女は2月23日早朝になくなりましたが 亡くなっってからずっとわたしの そばにいることを感じ
また アニマルコミュニケーターになることを応援してくれています。
練習中にも私を助けるため現れてくれる やさしい子です。
また彼女がこうして ブログを立ち上げ頑張るように薦めてくれました。
他の人が聞くと うそかと思うでしょうが・・・
私は彼女の声を聞いたと思っています。
そして もう一頭 いえ わたしにとってはもう一人・・
亡くなって後に私のために友人に口を添えてくれた優しい子がいます。彼女もまた私の大事な愛しい娘。

彼女達ののためにも私は 努力し頑張って一人前のアニマルコミュニケーターになります。

私のホームページはこちら
虹色の羅針盤

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Real Buttefly Twinkling

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新トラックバック

季節時計

QRコード

QRコード

今日の誕生花

今日の誕生花
誕生花ブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ページトップへ