fc2ブログ

誕生日と プチ家出 ?

2012.10.31 12:30|虹の橋からメッセージ
今日は(昨日正確に言うと。。)私の誕生日ということで我が儘に 今はこちらの世界にいない愛し子と
話してみました。

実は我が家はただいま非常事態中…で私もプチ家出?です。(笑)
事情をご存知の方もいらっしゃいますが ちょっと 大変なのでありました 笑


自分自身良くない調子にむち打ちながら何とか頑張って…と 弱虫の癖に自分に負荷のかけすぎか
はたまた単によわっちいだけか  イライラ 落ち込み 不安

その状態で更に 一番関わりたくない人間関係や他ですり減らす毎日
何とか気分転換をと踏ん張りながらやっぱりこけまくりどんずまり…

というわけでしばし 気分転換のプチ家出(笑)

そのついでというのではないけれど私の一番今会いたいかごめと話してみることにしてみました。
色んなことが 重なり 疲れてしまえば 後は 不和の 只中に おちていくこと請け合い。
自分自身 せっかく教わったものを使って 自分を救出することは 義務でもあり
そして これで ある程度 楽になるのなら これは まだまだ 大丈夫って事でもあり・・

とにもかくにも プチ家出と名前のつく お散歩で 公園のベンチに座り
かごめとの 会話に取り掛かることに・・・

今回は下心満載。 

ある程度 自分の知っている方法で 自分を楽にしたものの 本当のメインイベントは・・
かごめと話してみたかったんです。 

で・・会話したところ・・ 思いも寄らない方向に 会話は 転向してしまいましたが・・ 


スピリチュアルガイドに抱かれて ゆったりと 登場した前回と違い 
かごめは、転がるように 元気に 走って やってきましたよ。
若さと健康・・・・ 一番 嬉しかったあの時代のまんま キラキラと走りながら・・
flo-170.jpg




コメントいただいておりますが 返信は ゆっくりつけさせていただきますね 
遅れますこと 深謝いたします。
himab-n14.gif
スポンサーサイト



いつもそばにいるよ・・かごめ

2012.10.31 13:15|虹の橋からメッセージ
今は亡き・・愛しいかごめ・・ 触れて 見つめて・・ 感じたい。
かごめの生はなくても 今でもかごめは私を思ってくれている。
かごめ

私: かごめ~ 逢いたかったなあ 今 お話してもいいのかな? 沢山の 私からの愛を 送るよ~

かごめ: ママ どうしたの?


私: かごめに どうしても逢いたかったのよ。 とっても逢いたかったの。 いろんなこと 聞きたかったし。

かごめ: うん なあに?

私: ママさ~ ちゃんと 植物や 色んなものと話せる アニマルコミュニケーターになりたいし 
でも 何だか うまくいってないし 人が羨ましくなったり 最低なんだよ。 自分の アニマルコミュニケーションのスキルにも 自信が無い。 周りみたいに ミディアムのようなことも できないし。 ちゃんとできるのか ダンダン凹んできたよ

かごめ: ママはね 寂しいんだよ。 本当のママが受け入れられる場所が無いから 根っこなしなんだよ。

私: 受け入れられる場所 なんてこといっていたら 他人のせいにすることになるし 自分でやらなくちゃいけないし、 そう思っているから 自分で 頑張っているつもりなんだけれど

かごめ: ママね だから かごめは 一生懸命 ママのそばにいたし。
 ママ 自分を信じてあげないとね。
ママが自分を信じてあげることが 一番 大事だよ。 
この会話が本当か どうかなんて 疑っちゃダメって 習ったよね。 
ママが信じれば 本当になるんだよ。 こつこつする事を 楽しまなくちゃ


私: そうだね~ そう習ったし・・ 会話の内容と 事実の一致も確認してるのにね

かごめ: ママ 大丈夫だよ 

私: かごめがいるものね~  かごめは 人間にもう 生まれるの?

かごめ: まだだよ~

私: 次に生まれるときは ママたちの そばに生まれてほしいけれど 人間に生まれて また 会えるのかな

かごめ: ん~ それは・・ 教えられないんだよ。 かごめにも わかっている様で わからないところだしね 

かごめの スピリチュアルガイド:  かごめは 一度 本当は 人間に生まれる機会があったけれど
自分で それを選ばなかったんですよ。 かごめ・・としての生でなく 本当は 人として 生まれる機会が
合ったのですけれどね。

かごめ: その ワケは 話せないよ。 ママ

私: それで 以前 前 かごめは人間だったかもしれない とか 人間に次は生まれる魂って 聞いたことあるんだね。

かごめ: うんそうだよ

私: かごめと 縁が逢ったらいいなあ

かごめ: ママ いつだって こうして かごめと話せるでしょ? 
 生きてるときも かごめはママだけを全て受け入れていたしね


私: うん・・ 時々 かごめ 母さん なんていっていたものね 私も・・ 甘えたな ママだったよね。

かごめ: でも ママ 大好き

私: ママも かごめが大好き 触りたいし 抱っこしたいし 声を聞きたいし 顔を見たい。 
パパは 時々 姿を見てるけれど ママは あんまり見えない 時々 音がするのは かごめだと 思うんだけれど  
もっともっと かごめを みたいのにな 

かごめ: ママ 全て 信じるところから 始まるって ね 

私: 不確かだから 怖いな

かごめ: だから 練習して 確認して でも 不確かでも かごめと 逢えてると 思うからこうして 
話に来るでしょ? ママ 信じたら いいんだ 全て素直になったら いいんだよ


私: パパとも なかなか うまくいかないのは ママ素直じゃないからかなあ

かごめ: ママは 寂しいんだよ。 受け入れられること それが一番大事 かごめがいるし つくしがいるし 
皆ママを大事にしてる。すこしづつの 練習で いいんだよ。 大丈夫 ママなら できるから。 
他の誰が いってるわけじゃないよ。 かごめが言っているんだからね


私: ママは 小さい人間だからなあ・・・ 羨ましがったり 嫉妬もある 自分嫌になる。

かごめ: かごめはママが大好きだよ。 どんなママも 大好きで 逃げ出したこと無いよ。 
ママは 自分を受け取ればいい 信じて いけばいいんだよ。
 

私: そうだね かごめと 今日は もう少し 一緒にいてもいいかな 気持ちは そろそろ 
お話終わらせなくチャって思うけれど でも やっぱりもう少し そばにいたいな

かごめ: いいよ  ママは今とっても疲れているんだよ。だから余計寂しいんだよ。 

私: かごめが何時人間になるのかなあ・・ 

かごめ: まだ 人間に生まれるのには 時間が 少しあるなあ

私: また 会えますように・・ 人間の世界でも・・ そして 気づけたらいいなあ

かごめ: 何も 話すわけにはいかないけれど かごめはママのこと 大好きだよ。
かごめはママの本当を知ってる。 知らないから 皆 ママを誤解しているけど ママは誰よりも 優しくて 柔らかで 
愛に満ちてるよ。かごめは そのママを知ってる。 
傷つきやすくて 怒ったり ゆがんだりするままの奥にあるのは 強い愛と 優しさ。 
ママ 真実を求める目 本質を見る目が ママを望むものに近づける。 
ママが自分を信じて 肯定することから始まるよ。 かごめは ママの本質を知ってる。 
大丈夫 ママの本質に気づいた人はママから離れないよ。
でも ママも その本質にふさわしく 自分を信じて 受け取って ね。
かごめは いつでも そばにいるじゃない。
つづく・・・

-・続き・-いつもそばにいるよ・・・かごめ 

2012.11.14 18:27|虹の橋からメッセージ
私: かごめ ママどうしても 聞きたくても 聞けなかったことがあるの
ママね かごめが 死んでしまうのが怖くて 不安で あの時 無理やりご飯を食べさせて
怖がらせてしまったのじゃないかと・・ それが本当に 後悔で・・本当に ごめんね 怖かったよね

かごめ: かごめは 何にも思ってないよ。
ママの気持ちは よくわかっているよ。それにそんな怖いとか感じてなんか無かったし
もうそんな余裕も無かったの。

私: ごめんね。 それに あんなに苦しんで・・ どうして お家で送り出せなかったか それがとても気がかりで
美味しい物だって 食べたい物だって 食べさせてあげることも できなかった 
ママは それが申し訳なくて 辛くて 悲しくて どうしても 本当にごめんね

かごめ: ママ かごめは苦しくなかった。 もうあの時は かごめは 身体から抜け出したり 戻ったりで ほとんどそんな事感じてない。 大丈夫だよ。 でもちゃんと ママの手のぬくもりをちゃんと感じて それから ちゃんと 身体にお別れした。
ママが思っているような辛い苦しいことは 何も無かった


私: 本当にそう? それに・・ 他の子達がうちに来たから 余計に かごめが身体にお別れしたくなったんじゃない?


かごめ: そんなことで お別れの時期を決めることはできないんだよ。ママかごめが 逝く時をきっちりきめることなんてできない。 でも 与えられた時間を最高に延ばすことだけは頑張ったんだ。

私: かごめ・・・最後の点滴のときパパとママをじっと見たね あれは やっぱり さようならっていったのかな・・  あの時 ママは 点滴はいいですと 連れて帰っていたら もう少し居ることができたんだろうか ずっと 考えていたよ

かごめ : そうしても かごめの時間は決まっていたの かごめは 自分の役目をちゃんと果たして終えたの  ママを励ますのが かごめの役目だったの。かごめが こうしようと思って 時間を 早めたり 変えたりなんてできないよ 

私: そうなのね・・ かごめ ママ かごめと 居られたこと 本当に幸せだったんだよ。かごめを抱きしめたいし かごめに触れたいって まだ 思ってしまうけれど それくらい かごめとの時間は幸せだった。

かごめ: ママ 私とママとつくしとの幸せな時間を一杯思い出して かごめの一番 綺麗で 元気だったときのこと 沢山 沢山 思い出して 一杯話していてね。 かごめはずっと幸せ そうしてくれたら それだけで 一緒に生きられたこと 心から いつまでも 喜んでいられるから 
ママが泣き続けていたとき かごめはこんなに 今も幸せなのに 今 かごめは こんなに 楽なのにって ちょっと 辛くなったの


私: ごめんね わかったよ。 これからも ずっと アニマルコミュニケーションも 手伝ってくれる? 
いつでも こうして かごめを 感じていられるしね・・ 

かごめ: (笑って見える) ずっと いつもそばにいるよ ママ 
ママとかごめはずっと今までも これからも 同じように 一緒だよ
練習一杯して 沢山のママと 沢山の かごめの 仲立ちを してあげていてね かごめのお願いだし かごめも
ここにいられる間は 手伝うからね
ずっとそばにいるからね ママ・・ 



かごめ 大好きだよ ママも いつもそばに居るよ 楽しかった 元気な 嬉しい思い出を大事に
あの優しい時間を取り戻すから・・ 
いつも何時も一緒だよ。

想いを形に・・・ 亡くなった子との会話から・・

2012.12.26 00:21|虹の橋からメッセージ
少し前のことになります・・

私のブレスを作ってもらうことをある方に 依頼したのですが

そのとき 意図せずして なくなったワンコ 現れて

これも・・と 何種類かの石を ピックアップしたと言うのです。

その方は ミディアム体質と言うのでしょうね 虹の橋向こうにいる

亡くなった子の言葉を受け取りました。

そのブレス・・とても大事にしています。やはり特別なものになりますよね・

手にした時、本当に 嬉しくて 感動して 心が震えたことを覚えています。

私はミディアム体質でも なんでもありませんけれど

虹の橋の向こうにいる子達と話はできます。 

亡くなった子達からの思いを 何かの形にできたら

そしてそれを言葉と一緒に受け取れたら?

その想いもありました。

愛し愛され・・家族の動物。虹の橋を渡っても、その愛情はとだえません。それを届けたい。

暖かい思いを感じて欲しい。

今回 その体験や想いを 思い出し、また 虹の橋をわたった大事な家族のワンちゃんと

お話をしたおり 一緒に相談してみました。


ちょっと最初そのお話をするのが 慣れなくて 

伝え方や 方法に 戸惑ったり試行錯誤しながら

でも なんとか 形にする事ができそうです。


今回お話した子からは

「ママの疲れが取れますように・・・」

その想いで 彼は 選んでくれましたよ。

今回は 私の 分野の アロマテラピーで作ります。

お渡しするギフト 気に入ってくださることを 祈りながら

一緒に選んだオイルを明日形にします。

お風呂のブレンドバスオイルです。

精油は水より軽いので 大豆からつくられた乳化作用のある

バスオイルにブレンドします。


どの割合で組み合わせるかのブレンドは私の采配になるので

わんちゃんの選んでくれた オイルを

台無しにしないよう しっかり 頭も 心も クリアな状態で のぞもうと

思います。

うまくいきますように・・・

気に入ってもらえますように
| 2024.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事

最新コメント

プロフィール

菫玲(チニタ)

Author:菫玲(チニタ)
アニマルコミュニケーターを目指しています。

写真は私を応援しいつもコミュニケーションを手伝ってくれる私の愛しい子の写真です
彼女は2月23日早朝になくなりましたが 亡くなっってからずっとわたしの そばにいることを感じ
また アニマルコミュニケーターになることを応援してくれています。
練習中にも私を助けるため現れてくれる やさしい子です。
また彼女がこうして ブログを立ち上げ頑張るように薦めてくれました。
他の人が聞くと うそかと思うでしょうが・・・
私は彼女の声を聞いたと思っています。
そして もう一頭 いえ わたしにとってはもう一人・・
亡くなって後に私のために友人に口を添えてくれた優しい子がいます。彼女もまた私の大事な愛しい娘。

彼女達ののためにも私は 努力し頑張って一人前のアニマルコミュニケーターになります。

私のホームページはこちら
虹色の羅針盤

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Real Buttefly Twinkling

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新トラックバック

季節時計

QRコード

QRコード

今日の誕生花

今日の誕生花
誕生花ブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ページトップへ